>

浮気調査をプロに任せるべき理由

実際に後をつける

調査対象の後を着ける場合、徒歩での尾行が一番の基本とされていますが、近ければすぐにバレてしまい、遠ければ見失ってしまうというリスクがあるため、絶妙な距離間での尾行が条件となってきます。
また、相手が立ち止まった時や振り返られたりした時には急に立ち止まったりせず、さりげなく追い越してから再び尾行を開始するというような冷静さや演技力、機転が必要となります。

また、調査対象の行動に合わせて車両での尾行を行う場合もあります。
車両尾行のメリットには、カメラなどの必要な機材の持ち運びが出来ることやスモークを張ることによって外から中を見えなく出来る点が挙げられます。
しかし、交通状態により必要な距離間がされやすく、また渋滞により対象を見失いやすいというデメリットもあることから、車両を使った尾行はベテランの調査員が行うことが多いようです。

GPSを使用した尾行

GPSとは、人工衛生を利用して位置情報を測定するシステムで、主にカーナビなどに利用されています。
このシステムを使えば、調査対象にこのGPSの発信機を持たせるだけで、実際に後をつけなくてもパソコン上で相手の位置を把握することが出来ます。
最近ではGPS発信機機能を持ったアプリもあるので、スマートフォンにアプリをインストールするだけで特別な機械を用意する必要はありません。
しかし、GPSで分かるのは位置情報だけなので、証拠を用意するには現場に赴かなければならないことに変わりありません。

また、相手が機械に強い人の場合、GPSに気付かれてしまう危険性も。
その場合、相手に警戒を抱かせてしまいその後の証拠集めが困難になったり、逆に自分の立場が不利になってしまうこともありますので、GPSでの尾行は相手や状況に応じて使い分けをする必要があるでしょう。


この記事をシェアする